初心者

【ゴルフ初心者】打ちっ放しの練習に必要な持ち物や服装は?マナーについてもご紹介します。

練習場のイメージ

「ゴルフの打ちっ放し練習をしてみたい!」

でも、ゴルフするのが初めてで何をしていいかわからない。

打ちっ放しはどれくらいするの、最初はどんな練習をすればいいの?服装は?

初めてならわかりませんよね。

そこで、今回はそう言った疑問にお答えしていきます。

打ちっ放し練習をする前の準備

どんなスポーツも始める際には準備が必要です!

その準備を怠ってしまうと、後から問題が発生する可能性が出てきてしまいます。

例えば、

・ゴルフクラブは持ってきているにグローブを忘れてそのまま練習してしまい手の皮がめくれてしまった

・ジーンズを履いてきてスイングして破けてしまった

こういった問題を避けるためにも、準備は必ずしっかりしておきましょう!

下記に準備しておくべきものをまとめてみました

参考にしてみてください。

準備するべきもの

✔︎ ゴルフクラブ
✔︎ グローブ
✔︎ キャディバック
✔︎ 服装

それでは、それぞれ詳しくみて行きましょう!

ゴルフクラブの準備

ゴルフクラブセットは新品で最低でも10万円はします、ですので定期的に行かないのならクラブはレンタルをオススメします。

打ちっ放しのクラブレンタル料金が大体1000円くらいになっています。

それでも、もし自分のクラブが欲しい方は、打ちっ放しのゴルフショップの店員さんに相談してみてください。

クラブは基本的に14種類あります。

ゴルフクラブ 全種類

ドライバー(1番ウッド)
スプーン(3番ウッド)
クリーク(5番ウッド)
3番アイアン
4番アイアン
5番アイアン
6番アイアン
7番アイアン
8番アイアン
9番アイアン
ピッチングウェッジ
アプローチウェッジ
サンドウェッジ
パター

グローブの準備

引用:楽天

グローブは右利きの場合は左に、左利きの場合は右手につけます。

グローブはクラブと違い、貸出はしていない所がほとんどなので事前に購入しておきましょう。

グローブの価格は大体1,000円前後です。


キャディバッグの準備

引用:amazon

キャディバッグと言うのはゴルフクラブを出し入れしたり、持ち運ぶために作られたバッグのことです。

写真の右にあるのがハーフバックです。

ハーフバックは14本全てのゴルフクラブを入れることはできません、ですがとても軽く持ち運びが便利です。

打ちっ放しでは基本的に全ての種類のゴルフクラブを使うことが少ないです。

ゴルフクラブを変えながら練習するとスイングが固まらなくなってしまいます。

そのため最初は上手く使えるゴルフクラブを使いしっかりとスイングの基礎を作るのが基本です。

後ほど、詳しく説明して行きたいと思います

ゴルフバックの値段は物によって違います、一万円のもあれば三万円のもあります。

料金表

ゴルフクラブ 10万円
グローブ 1000円
キャディバッグ10000円〜30000円
ハーフバック 3000円〜4000円

服装の準備

打ちっ放しへの服装は特に決まっていません。

なので、基本的にはスポーツウェアだと問題ありません。

ただタイト過ぎる服や、ヒール、サンダルといった靴では練習しづらいことがあるので、避けておきましょう。

打ちっ放し練習でのNG行為

ここでは、多くの練習場で禁止されている行為について紹介しておきます。

各練習場でルールが微妙に違うので、詳細は、各練習場の規約で確認しておいてください。

練習場(打ちっ放し)でのNG行為

・打席以外での素振り
・飲酒をしての練習
・練習中の打席への侵入

打席以外での素振り

打ちっ放しでは最初に受付に行き、自分がどの場所から打ちたいのか選択することができます。

その選択する場所を打席と言います。

この打席以外で素振りをするのは大変危険です。

ゴルフクラブは自分が思っているよりも長いため、予期せぬ事故に繋がってしまいます。

必ず指定の場所で練習するようにしてください。

飲酒をしての練習

ほとんどの練習場で禁止されているのが、飲酒をしての練習行為です。

酔った状態で練習をすると、クラブから手が離れ大きな事故につながる恐れや、二階打席からの転落事故といった可能性があります。

お酒を飲みながら練習したいと思ったとしても、練習後まで我慢しましょう。

練習中の打席への侵入

友達や知り合いと打ちっ放しに来た時、気を付けて欲しいのが練習中の打席への侵入です。

友達と話しながら、何気なく近づいたこの行動がすごく危険です。

何度も言いますが、ゴルフクラブは自分が思っているよりも長く危険です。

もし、スイングをして体に当たってしまうと大怪我になってしまいます。

逆も同じで自分がスイングしてる際に誰かが打席に入って来たのなら注意してあげましょう。

以上の点に気をつけて、練習を楽しんでください。

練習の3つのコツ

今日初めて練習場に行ったけど、まず何を練習していいかわからない

どうすればいいかわからない

そんな皆さんに今日は打ちっ放しに行ったときどうすればいいのか練習のコツを紹介して行きたいと思います

下記に練習の3つのコツをまとめました

練習3つのコツ

①コーチに教えてもらう
②友達や知り合いにおしえてもらう
③上手く打てるクラブを作る

①コーチに教えてもらう

打ちっ放しでは、コーチ(レッスンプロ)がいます。

初めて打ちっ放しに行く人は受付のスタッフに尋ねてみてください

ここでの、メリットとしては独学や知り合いに教えてもらうより

わかりやすく丁寧に教えてもらうことができます

デメリットとしては、お金がかかってしまうことです

ですが、レッスンも安いプランがあります

例えば、個人レッスンにするのではなく団体レッスンを受けたりすると

個人レッスンよりも安く済ませることができます

下記にレッスンを探すサイトを紹介しておきます

このサイトは自宅付近のレッスンプロを探してくれます

しかも、料金やレッスン内容も選択することができます

ゴルフレッスン

②友達や知り合いに教えてもらう

初めて打ちっ放しに行くとき皆さんは誰と行ってるのでしょういますか

もし、友達や知り合いにゴルフ好きの人がいるならぜひ打ちっ放しに誘ってみましょう

初めてゴルフ場に行く方は友達や知り合いに教えてもらった方が安心でしょう

メリットとしてはお金がかからず、初めてでも安心して楽しめることです

デメリットしては友達の時間に合わせないといけないこと、聞いているばっかりじゃ気を遣うこと

ですが、毎回友達と行くのではなくアドバイスをもらいながらたまに一緒に打ちっ放しに

誘うことによって両者ともに楽しくゴルフが出来ると思います

③上手く打てるゴルフクラブを作る

最初にゴルフの練習で大切なのは、どれだけ球を安定させるかです

ゴルフクラブは番手(ゴルフクラブの番号)によって長さやフェースの角度が違っています

そのため、打ちっ放しでボールにしっかりと当てて距離を出したいのであれば

ゴルフクラブをコロコロ変えて練習するのではなく、一定したゴルフクラブで練習した方がいいです

最初だから色々なクラブを試したいのはわかりますが一つのクラブを徹底して練習した方が球は当たりやすくなって行きます。

練習のイメージ
【完全版】初心者の打ちっぱなし練習場で必要なゴルフクラブを解説!!おすすめの練習方法とはゴルフを練習する場所といえば打ちっぱなしですよね。 打ちっぱなしで練習してからコースデビューするのが普通のゴルファーの流れです。 ...

打ちっ放しでの料金の相場

打ちっ放しは場所によって料金が大きく変わって来ます

もし料金を的確に知りたいのであれば、

行きたい打ちっ放し場所のホームページをみてもらえばわかると思います。

ここでの料金は打ちっ放しの相場を表した料金です。

都内料金

打ちっ放し料金表

打席料
200〜500円

ボール代(平日)
1階 12円〜22円/球
2階 11円〜20円/球
3階 12円〜17円/球

ボール代(土日や祝日)
1階 12円〜38円/球
2階 11円〜32円/球
3階 12円〜24円/球

クラブレンタル代
200円〜500円

地方料金

打ちっ放しの料金表

打席料
50円〜300円

ボール代(平日)
1階 5円〜10円/球
2階 6円〜8円/球

ボール代(土日や祝日)
1階 6円〜11円/球
2階 6円〜9円/球

クラブレンタル代
100〜300円

ゴルフ練習場探し方

「今日初めて練習に行くけどどの練習場に行ったらいいかわからない」

「この近くの練習場ってどこなの?」

そんな疑問を持ったあなたにここでは簡単に家の近くの練習場を教えてくれるサイトを紹介します。

ゴルフ練習場ガイド

このサイトは自宅の住所を入れるだけ!

しかも、自宅からの距離の指定やゴルフ場の距離の指定なども出来る優れもの!

どこにいけばわからない方はぜひこのサイトを使って検索してみてください

まとめ

どうでしたでしょうか?

今回の記事は初めての方のために打ちっ放しに行くための準備をわかりやすく説明しました

一人で練習行くのが恥ずかしくても、一度行って見れば慣れてくるはずです

ゴルフ場と違いマナーもそこまで厳しくないです

とりあえず試しに行ってみるのが一番だと思います

受付の人に初めてですと一声かけるだけで大体の説明をしてもらえます

この記事を読んで楽しい打ちっ放しデビューを果たしてください!

ABOUT ME
宇都宮 正暉
宇都宮 正暉
大阪府出身.1995年6月生まれ 小学5年生から、『坂田塾』に入塾しゴルフを始める。 高校生の頃には、関西代表選手・大阪国体選手を経験。 大阪学院大学に進学し、プロの道を目指すもツアープロを諦めより多くの人にゴルフを始めてもらいたいと『B GOLF』を立ち上げる。