初心者

【初心者】3分でわかる!ゴルフスコアカードの書き方をわかりやすく解説

皆さん、初ラウンドへはもう行かれましたか?

ゴルフ場に行くと、スコアを記入していく為のノート【スコアカード】と呼ばれるものがもらえます。
※フロントでのチェックインの際にロッカーの鍵と一緒にスコアカードは渡される

スコアカードを書く事で、スコア間違いが防げる、数字になって自分の実力がわかる、さらに、次回のラウンドでそのスコアを超えるぞ!というモチベーションに繋がります。

今回この記事では、初心者の方に向けて正しいスコアカードの書き方についてわかりやすく解説します。

では参ります。

スコアカード

引用:MIZONO

スコアカードには、上記の写真にあるように色々な情報が書かれています。

下記に初心者の方が覚えておきたい、スコアカードに書かれている5つの情報をまとめました。

最低これだけ覚えておくと、スコアカードに書かれている内容が理解でき、正しくスコアを書く事ができます。

スコアカード5つの情報

✔︎ ホールナンバ

✔︎ 各ホールのヤード

✔︎ 各ホールのパー(規定打数)

✔︎ 自分+同伴者の打数の

✔︎ アウト・イン・トータルスコア

一つづつ順にみていきます。

ホールナンバ

引用:MIZONO

上記の写真の左端【HOLE】という欄にそれぞれのホール番号が記されています。

ゴルフコースは18個の独立したホールがあり、それぞれにティーグランドと呼ばれる、そのホールのスタートラインがあります。

そして、スコアカードに書かれているホール1番ホールから順に回っていきます。
※10番ホールから回り始めることもある

ティーグランドの横に、下記の写真のようにそのホール番号(NO.1)が書かれた看板があります。

ホールナンバーを確認してスコアを埋めていって下さい。

引用:GOLFS

※下記はティーグランドの写真です。

引用:GOLFAVO

続いては、各ホールのヤードについてお話していきます。

各ホールのヤード

引用:MIZONO

上記の写真にある【YARDAGE】の欄に各ホールの距離が書かれています。

【YARDAGE】の欄に3つの距離(BLUE TEE / WHITE TEE / RED TEE) が書かれています。

BLUE TEE→WHITE TEE→RED TEEの順でホールの距離が長くなり、ホールの難易度が上がります。

初心者の方は、RED TEEからのスタートする事をオススメします。

✍️ BLUE TEEは青ティー/WHITE TEEは白ティー/RED TEEは赤ティーと呼ばれる 

続いては、各ホールのパー(規定打数)についてみていきます。

各ホールのパー(規定打数)

引用:MIZONO

上記の写真、【YARDAGE】の右隣に【PAR】と書かれた欄があります。

【PAR】と書かれている欄に3・4・5といった数字が書かれています。

この数字は、各ホールの設定された打数を意味しており、その数字と同じ回数で、そのホールを回れるとPAR(パー)と呼ばれるスコアとなります。

下記にそれぞれのスコアの呼び方をまとめてみました。

イーグル ✔︎ 設定された打数より2打少なく回る

✔︎ パー4なら2打・パー5なら3打・パー3なら1打(パー3を1打で入れる事をホールインワンと言います)

バーディー ✔︎ 設定された打数1打少なく回る

✔︎ パー4なら3打・パー5なら4打・パー3なら2打で回る

パー ✔︎ 設定された打数で回る

✔︎ パー4なら4打・パー5なら5打・パー3なら3打で回る

ボギー ✔︎ 設定された打数より1打多めに回る

✔︎ パー4なら5打・パー5なら6打・パー3なら4打で回る

ダブルボギー ✔︎ 設定された打数2打多めに回る

✔︎ パー4なら6打・パー5なら7打・パー3なら5打で回る

トリプルボギー ✔︎ 設定された打数より3打多めに回る

✔︎ パー4なら7打・パー5なら8打・パー3なら6打で回る

その他 ✔︎ トリプルボギー以上のスコア

初心者の方の目指すゴールは、18ホールのトータルスコアを100以内で回る事です。

ちなみに、全てのホールを設定された打数で回ると72というスコアになります。

✍️  18ホールのトータルスコアを100以内で回るには、5ホールをボギー・その他をダブルボギーで回る

続いては、自分+同伴者の打数についてお話していきます。

自分+同伴者の打数

引用:MIZONO

上記の写真のように、スコアカードには名前を書く欄があります。

自分、そして同伴競技者の名前を書き、名前の下にスコアを記入していって下さい。

スコア間違いを防ぐために、同伴競技者みんなで、全員のスコアをつけましょう。

誰がスコアカードを書いているのかわかるように、名前記入欄のもっとも左側に自分の名前を書くのが一般的です。

続いては、アウト・イン・トータルスコアについてです。

アウト・イン・トータルスコア

引用:MIZONO

1番ホール〜9番ホールまでが前半(アウト)・10番ホール〜18番ホールまでが後半(イン)と呼ばれます。

ちなみにゴルフ場のフロントで、スタート時間とインスタートなのかアウトスタートなのかを教えてもらえます。

前半・後半という風に18ホールを9ホール・9ホールに分けられていますが、後半(イン)からスタートする事はゴルフ場の都合により多々あります。

アウトからスタートするなら、HOLE 1 から、インからスタートするなら、HOLE 10 からスコアを記入していって下さい。

トータルスコアは、前半(アウト)のスコアと後半(イン)のスコアを足し算したものです。

トータルスコアがあなたのラウンドのスコアとなります。

ここまでで、スコアカードに書かれている言葉の意味・書き方をご説明しました。

実は、スコアカードはスコアを記入するだけのものではなく、スコアカードの書き方を工夫する事でゴルフ上達の手助けをしてくれます。

ゴルフが上達するスコアの書き方はこちら

下記に復習の意味も込めて、今日お伝えした事をまとめてみました。

まとめ

✔︎【HOLE】にそれぞれのホール番号が書かれている

✔︎【YARDAGE】に各ホールの距離が書かれている

✔︎【PAR】に3・4・5といった数字が書かれている
※それぞれの数字はそのホールの基準打数を表している

✔︎ 名前を書きこむ欄がある
※自分の名前は左端に書く

✔︎ 1番ホール〜9番ホールまでが前半(アウト)・10番ホール〜18番ホールまでが後半(イン)

✔︎ アウトのスコアとインのスコアを足し算したのがトータルスコア