初心者

【最新】初心者のためのゴルフコースデビューで必要なものリストを徹底紹介!

初めてラウンドする人は色々不安があると思います。

『ルールやマナーは大丈夫だろうか』

『迷惑かけずにゴルフすることはできるだろうか』

『ゴルフに必要なものはちゃんと準備できてるだろうか』

今回は

『ゴルフに必要なものはちゃんと準備できているだろうか』

という不安を解決するために「ゴルフラウンドで必要なものチェックリスト」を使って説明していきます。

当サイトの「ゴルフ必要なものチェックリスト」をゴルフの前日に確認すれば忘れ物することなく万全の準備をすることができます。

それでは早速確認していきましょう!

以下に参ります。

ゴルフラウンドで必要なもの一覧

それでは早速、チェックリストを確認していきましょう!

最低限以下を準備すれば、問題ありません。

必要なものチェックリスト

ゴルフクラブ(14本まで)

グローブ

ティ(ロングティとショートティ)

マーカー

ボストンバック

タオル

日焼け止め

ゴルフシューズ

ゴルフウェア

帽子

以上がゴルフのラウンドで必要なものです。

言うなれば、上記の物を準備すれば「すぐにコースデビューできる」という訳です。

では、ここからは「必要なものリスト」を場面別に、さらに詳しく見ていきます。

  • キャディバック編
  • ボストンバック編
  • 季節によって必要なもの
  • 女性の必要なもも
  • 観戦時に必要なもの
  • あると便利なゴルフグッズ

以下に続きます。

早速見ていきましょう!

必要なものリスト【キャディバック編】

キャディバックは郵送でゴルフ場に送るか、自分でゴルフ場に持っていくかの2パターンがあります。

どちらにしても、前日までには、キャディバックに必要なものを以下のリストを確認して、チェックしておきましょう!

持ち物 メモ
□ゴルフクラブ  ゴルフクラブは最大で14本まで。パターも忘れず!
□ゴルフボール  初心者は最低でも1ダース(12球)以上必要です。
□グローブ  少し小さいサイズで自分にあったものを選びましょう。2つあれば安心です。
□ティ  ドライバー用とアイアン用を10本程用意。
□マーカー  グリーンで使う目印をつけるもの。
□ゴルフポーチ ティやマーカーなど細かい物はこのポーチに入れて保管しましょう。
□タオル 汗拭き用とクラブを拭くためもの、2枚持っていきましょう。
□日焼け止め さっとつけられるスプレータイプがおすすめ

以上がキャディバックに入れる最低限の必要なものです。

忘れ物の無いように気をつけましょう。

皆さんはネームプレートはお持ちですか?

ネームプレートはゴルフ場のスタッフが他の人のキャディバックと間違わないためのものなので、かならず必要です。

持っていない方はこちらをクリック!

ネームプレート

次はボストンバックに入れる必要なものを見ていきましょう。

必要なものリスト【ボストンバック編】

ボストンバックに入れていくもので特に重要なのがゴルフウェアです。

ゴルフ場に適した服装はポロシャツにチノパンでしょう。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事を参照下さい。

受付のイメージ
ゴルフ場への行き帰りの正しい服装は?そんなあなたの悩みを解決!皆さんは初めてゴルフ場に行時どんな格好をして行きますか? 特に初めての方はジャージ、普段着で行ったりしていませんか? 今回は...

では以下でボストンバックに入れる「必要なものリスト」を紹介します。

チェックしていきましょう!

持ち物 メモ
□ゴルフシューズ ゴルフシューズを忘れてしまう人が多いですが気をつけましょう。
□ゴルフウェア 上下ウェアとソックス、インナーなど。
□帽子 マナーとして帽子は必要です。
□着替え 下着、靴下、帰りに着る服を持っていきましょう

ボストンバックを持っていなくて、リュックサックなどでゴルフ場に行く人をたまに見かけますが、マナーにうるさい上司などとゴルフに行く際は、ボストンバックが最適でしょう。

以下でおすすめのボストンバックを紹介します。

気になった方は是非、参考にして下さい。

ここからは季節に応じた「必要なものリスト」を解説していきます。

最初に夏に必要なものから見ていきましょう。

夏のゴルフで必要なものリスト

夏にゴルフをすると、ずっと日中に晒されているのでとにかく暑いです。

熱中症対策は本当に大切です。

そのため熱中症予防グッズは必要でしょう。

では夏のゴルフで必要なものリストを紹介します。

持ち物 メモ
□虫除けスプレー 夏のゴルフ場は虫が多いです。あると便利でしょう。
□冷却シート 首に巻いて、熱中症対策をしましょう。
□凍らせた飲み物  コンビニでも売っています。
□サングラス 夏の日差しを直接見るのは危険です。
□氷嚢 夏場はゴルフ場が氷を用意してくれるところもあります。
□日焼け止め 日焼け止めを塗るのと塗らないのでは、疲労も変わります。

夏の日差しや暑さに負けずにゴルフを楽しむためには、ちゃんとした準備が必要です。

しっかりとした準備で、夏のゴルフを楽しみましょう!

次は冬のゴルフに必要なものリストを見ていきましょう!

冬のゴルフで必要なものリスト

ゴルフはどうしても、待ちの時間があります。

冬のゴルフはその「待ち」の時間に体が冷え切ってしまい、うまくゴルフができなくなることが多々あるでしょう。

そうならないために防寒具が冬のゴルフには必要です。

以下の「必要なものリスト」を確認していきましょう。

持ち物 メモ
□カイロ 張らないタイプのカイロの方がいいでしょう。
□ハンドクリーム 冬のゴルフ場はかなり乾燥するので、必需品です。
□ニット帽 耳や頭を温められるので体感温度も上がります。
□保温機能のある水筒 暖かい飲み物があると寒さにも耐えられます。
□インナーウェア ゴルフウェアの下に保温機能のあるインナーを着ましょう。

冬のゴルフは寒さが一番の敵ですが、防寒着の準備さえしっかりすれば楽しんで暖かくゴルフをすることができます。

以下で当サイトおすすめの保温機能のあるインナーウェアを紹介します。

気になった方は参考にして下さい。

ゴルフで必要なものリスト【女性編】

男性に比べると女性は荷物が多いですよね。

ここでは、女性ならではのゴルフで必要なものリストを紹介します。

持ち物 メモ
□クレンジング 荷物にならない、ふき取るタイプのメイク落としがオススメ。
□スキンケア たいていのゴルフ場に用意してありますが自分用の方が安心です
□メイクアイテム 最低限のメイク道具を持参して。帰りまで気を抜かないのがマナー
□制汗スプレー 汗をかいたらきちんとケアしましょう

スキンケア用品などはゴルフ場にあることがほとんどですが、自分の物を持っていけば安心です。

次はゴルフの試合を観戦する際の「必要なものリスト」を紹介していきます。

確認していきましょう!

ゴルフ観戦で必要なものリスト

ゴルフ観戦が好きなゴルファーも多いですよね。

もしくは、これから初めてゴルフ観戦しようと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方々に向けて、ゴルフ観戦に必要なものリストを紹介していきます。

是非、以下を参考にして下さい。

持ち物 メモ
□双眼鏡 選手のプレーや表情など間近で体験できます。
□折りたたみ椅子 観戦時に座れると疲れません。
□レジャーシート 芝生の上に座るとズボンが汚れます。一枚あると便利でしょう。
□傘 日差しを避けれます。
□リュックサック 両手が使えると安心です。

ゴルフ観戦はマナーを守って、応援しましょう。

しっかりとした準備をすることで、要らぬ心配することなく100%全力で楽しんでゴルフを観戦できます。

次は、かならず必要ではありませんが、あると便利な初心者を助けてくれるゴルフの便利グッズを紹介していきます。

では参りましょう。

あると便利なゴルフグッズ

ここでは、初心者におすすめの「あると便利なゴルフグッズ」を紹介していきます。

  • パターカバーホルダー
  • セルフスタンド
  • SIRO

上記の3つは初心者のラウンドでは非常に役に立ちます。

当サイトでおすすめのグッズも紹介するので、是非参考にして下さい。

では1つ1つ見ていきましょう!

パターカバーホルダー

ウェッジなどと一緒にパターカバーをグリーンの外に置いて、忘れた経験ありませんか?

パターカバーの付いたホルダーの、ホルダー部分のみポケットに入れておくだけで、置忘れも防げます。

ポケットに無理やり入れることもできますが、それじゃあかさばって格好悪いですし、パッティングに集中できないんですよね…。

これがあるのとないのでは、グリーンのストレスに雲泥の差があります。

地味に僕が買って良かったと、一番心から思う便利グッズです。

当サイトイチオシ!「パターカバーホルダー」

  • 商品名「パターカバーホルダー」
  • BRIDGESTONE GOLF
  • ¥1,500(税抜)
  • 留め具が2つあり頑丈

ゴルフ場で一番多い忘れ物は「パターカバー」です。

なぜなら、マイホール外したり付けたりするからです。

皆さんも忘れた経験はありませんか?

この「パターカバーホルダー」は色も目立つので、二度とパターカバーを忘れることはないでしょう。

詳しくはこちら

セルフスタンド

セルフスタンドは非常に便利です。

カート道と反対方向にボールがある場合や距離やライが分からなければ、クラブを何本か持って行くことになります。

その時に、セルフスタンドがあれば楽に持ち運べますよね。

さらに、自立するのでクラブをすぐに取り出しやすいです。

セルフスタンドは、ラウンド以外にも打ちっぱなしでの練習など14本持って行く必要のないときにも使えるのでおすすめです。

当サイトイチオシ!「セルフスタンド」

  • 商品名「スタンドクラブケース」
  • ONOFF(オノフ)
  • ¥12,000(税抜)
  • ポケットが大きい
  • カバーが付いている

このセルフスタンドはONOFF(オノフ)なので高級感があります。

ポケットも他のセルフスタンドと比べると大きいので実用的です。

他のセルフスタンドが気になった方は以下をクリック!

詳しくはこちら

SIRO

セルフスタンドクラブケースの超コンパクト版がこの「SIRO」です!

セルフスタンドと同様、セカンド地点からグリーンまでで使える便利アイテムです。

凹んでいる部分にクラブをはめ込むことで、ひとまとめにして楽に持ち運びできます

最大6本まで取り付けができて、3本以上でなんと自立することができるのです!

かなりコンパクトなので、セルフスタンドが大きくて使いずらいと不安な方は是非購入して下さい。

詳しくはこちら

さらに詳しく初心者におすすめの便利グッズを知りたい方は以下の記事をクリックしてください!

【2019年最新版】ゴルフ初心者必見のおすすめ便利グッズ10選を紹介!『この便利グッズを使えば必ずベストスコアを更新できます!』 とは到底言えません。 しかし、約束できることもあります。 ...

ゴルフを予約するならGDO

初心者の方でコースデビューを考えている人はGDOでオンライン予約をしてみましょう!

GDOでゴルフ場予約を行うと、GDOのショッピングや予約時に使えるポイントを付与してくれるので非常にお得です。

僕自身も貯まったポイントで、驚きの価格でラウンドすることもできました。

GDOでは一人予約というサービスもあり、一人からでもゴルフコースでラウンドすることができます。

そして今ならなんと、GDOで一人予約をすれば3500円分のポイントが付与されます!

つまり、次回のラウンドが3500円引きですよ!今がチャンスです!

気になった方は以下をどうぞ。

まとめ

初めてのラウンドは分からない事だらけだと思います。

それでも、持ち物をしっかり準備したら全力でゴルフを楽しむだけです。

忘れ物の不安があれば、明日が心配で眠れなくなります。

この記事の必要なものリストを確認して、万全の準備ができたら明日に備えて眠ることをおすすめします。

明日のゴルフを全力で楽しめることを祈っています。

 

 

ABOUT ME
RUI
RUI
兵庫県出身.1995年10月生まれ.ゴルフの名門大阪学院高校でゴルフを始める。初試合は前半80、後半60の140を記録する。しかし、一年後の同じ試合で前半40、後半41の81で回り一年で59打を縮める。独自の練習法や、初心者でも一年で上手くなれるということを体現しているBゴルフ期待の星。