初心者

【最新】ゴルフ観戦に必要なものとは?ゴルフ観戦の服装やマナー楽しみ方などを大紹介!

『ゴルフ観戦に行ってみたいけど初めてだから、何から準備したらいいか分からない…。』

と思っている方は多いはずです。

そんな方のために今回は

  • ゴルフ観戦の基本知識
  • ゴルフ観戦のマナー
  • ゴルフ観戦の楽しみ方

上記の3つを中心に解説していきます。

それでは早速見ていきましょう!

ゴルフ観戦の基本知識

ゴルフ観戦する人のために基本知識を解説していきます。

以下にまとめました。

まとめ
  • チケットは事前に購入できる
  • 前売り券と当日券がある
  • インターネットでも購入できる
  • 観戦料金は試合によってバラバラ
  • ギャラリーバスを使える

1つ1つ解説していきます。

それでは確認していきましょう!

ゴルフ観戦料金

ゴルフを観戦する際にかかる料金は、トーナメントによって異なります。

例を出すと「日本プロ」などのメジャー大会で「4日間通し券だと1万円」程度です。

予選の方が決勝よりも安く、1日だいたい2~3千円程度で入場できます。

決勝ラウンドですと1日4~5千円というところが一般的です。

チケットは事前購入も可能

開催日の日程はホームページで確認できます。

日本で行われるゴルフトーナメントは

  • 男子は日本ゴルフツアー機構(JGTO)
  • 女子は日本女子プロゴルフ協会(LPGA)

が運営しています。

それぞれのホームページで、年間の開催トーナメントの一覧をチェックできるので、日程や開催コースの確認する際は調べてみましょう。

「男子トーナメント」「女子トーナメント」のスケジュールを詳しくみたい方はこちらをクリック!

前売り券と当日券がある

ゴルフ観戦にも前売り券と当日券があります。

前売り券には通し券と言って、競技開催日すべて入場可能なチケットもあります。

せっかく観戦に行くのだから、土日を通じて入場したい場合は前売り券の方が割引となります。

ただ、悪天候で競技不成立の場合、1日でも開催されれば払い戻しにはなりません。

インターネット購入やコンビニ購入も可能

前売り券の多くは、インターネットやコンビニエンスストアで手軽に購入可能です。

大会ホームページから確認してみましょう。

アクセスにはギャラリーバスを利用

当日の開催会場であるゴルフコースへは、最寄りの駅からギャラリーバスの準備がされていることがほとんどです。

無料で使えますので、事前に大会ホームページでチェックしてみてください。

ゴルフ場の駐車場は使えなくなっていることもあるので、車で行く際は大会ホームページを確認しましょう!

前日までに各選手の組み合わせとスタート時間チェック

日本ゴルフツアー機構(JGTO)や日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のホームページには、大会の開催情報だけでなく、ラウンドする選手の組み合わせとスタート時間が発表されます。

見たい選手がいる場合は、スタート時間とスタートホールを確認しましょう。

ゴルフにはインスタート(10番ホールからのスタート)アウトスタート(1番ホールからのスタート)があり、スタートホールが異なるので注意して下さい。

ゴルフ観戦の服装について

普段ゴルフをするポロシャツやスラックでも問題ありません。

天候や気候に合った服装でOKです。

観戦する場所は、アップダウンがあるところやカート道などですので、運動靴やスニーカーなどがおすすめです。

ゴルフ用スパイクまでは必要ありません。

雨の日は、ぬかるみも増えますので長靴など重宝するでしょう。

芝を痛めてしまうので、女性のヒールは禁止です。

歩く距離が長いので、リュックやトートバッグで荷物を少なめにすることも大切です。

ゴルフ観戦のルール

ゴルフは集中力が非常に重要なスポーツです。

声を出して応援しないのもその理由です。

プロは特に集中していますし、観客のマナーの悪さでミスショットすれば、観戦してる方もミスした本人も気持ちよくありませんよね。

ゴルフ観戦時のルールを確認しておくことで、そんな悲劇を防ぐことができます。

以下にゴルフ観戦のマナーをまとめました。

ここにタイトルを入力
  • プレー中は動かない
  • 指定されたエリアで観戦
  • ボールに触らない
  • 撮影禁止
  • 選手のサインや握手について
  • 観戦中の飲食について

1つ1つ確認していきましょう。

プレー中は動かない

選手がプレーしている最中に動いたり、喋ったりすることは、プレーの邪魔になります。

スタッフが

「お静かに!」

「Quiet Please」

などと、書かれたボードを掲げた時は、選手がプレーに入る合図です。

その時は、声を出さず静かに立ち止り観戦しましょう。

指定されたエリアで観戦

「ティーグランド」や「グリーン周り」「フェアウェイサイド」には、ロープなどが張られています。

ロープの中に入って観戦するのはマナー違反です。

基本的に、コースを横断することもできません。

しかし、ホールによってはコース横断ができる「クロスウェイ」という指定された専用ルートを設けている場合があります。

ボールに触らない

選手が打ったボールは、勝手に触ったり、拾うなどは絶対にしてはいけません

もし、故意に触れれば、選手にペナルティが課せられる場合もあります。

ボールがカート道に落ちていて誰もいなくても、隣のホールから打ってきた打球の可能性もあります。

拾わずに置いておきましょう。

撮影禁止

トーナメント会場では、許可を得た報道等のカメラマンしかプレー中の選手を撮影することはできません。

もちろん、携帯での撮影も禁止されています。

撮影可能のエリアもあるので、大会ホームページを確認しておきましょう。

選手のサインや握手について

プレー前やプレー中の選手に「触れたり」「話しかけたり」、「サインや握手」を求めたりすることは絶対にやめましょう。

ホールアウト後であれば、サインや握手に対応してくれる選手も多いです。

プレー後の練習など、支障のないタイミングを見計らって声を掛けてみて下さい。

僕もボールとグローブをもらったことがあります。

観戦中の飲食について

ゴルフコース内での飲食は原則禁止です。

トーナメント会場によっては、飲食する場所を設けていたり、クラブハウス付近に軽食や飲料を販売する施設があります。

ちょっとしたお祭りの様になっています。

ゴルフ観戦がより楽しくなりますよ!ぜひ行ってみましょう!

ゴルフ観戦の楽しみ方

ここからはさらにゴルフ観戦が楽しんでもらうために、ゴルフ観戦の楽しみ方を深く解説していきます。

楽しむ方法を以下にまとめました。

  • 最終組で優勝争いを観戦
  • 好きな選手の組に着いて観戦
  • スタンドがあるホールで観戦
  • イベントや軽食を楽しむ

最終組で優勝争いを観戦

最終日の日曜日は特に人気です。

なぜなら、その日に優勝者が決まるからです。

そこでおすすめなのが、最終ホールでの観戦です。

優勝者の決定を含めて、すべての結果が出そろうホールです。

ゴルフ観戦で一番人気のスポットとなので、最終ホールの観戦を希望する場合は早めに場所を取っておきましょう。

好きな選手の組について観戦

自分が好きな選手の組に同行して観戦するのも、一つの観戦方法です。

好きな選手と共に18ホール移動することになるので、長い距離歩くことを覚悟して観戦しましょう。

好きな選手のスタート時間は確実にチェックしましょう。

ギャラリー用のスタンドがあるホールで観戦

ゴルフコース内に観戦用の特設スタンドが設けられていることがあります。

座れるスペースや、スタンドで見やすい場所も多く、初めての観戦で不慣れな人や、あまり歩きたくない人にはオススメです。

イベントや軽食もおすすめ

ラウンド終了後には、選手のサイン会が行われることもあります。

クラブハウス周辺には、軽食の屋台などが用意されています。

ゴルフレッスンや販売などがある場合もあり、ちょっとしたお祭りに近い雰囲気です。

ゴルフ観戦だけでなくそれ以外の部分でも目一杯楽しみましょう!

まとめ

ゴルフは、男女ともに楽しめるスポーツです。

私が、最近観戦した女子ゴルフは非常に楽しかったです。

プレイの素晴らしさはもちろん。選手はとても綺麗で、ウェアなども鮮やかでした。

大会がとても華やかなものに感じたのが印象的です。

「スイングの音」「飛んでいくボール」「一打一打の緊張感」

この3つだけでも、テレビで観戦するのとは比べ物にならないほど迫力があります!

ゴルフ観戦に興味を持った方は、この記事を参考にして観戦へ行ってみて下さい。

ABOUT ME
RUI
RUI
兵庫県出身.1995年10月生まれ.ゴルフの名門大阪学院高校でゴルフを始める。初試合は前半80、後半60の140を記録する。しかし、一年後の同じ試合で前半40、後半41の81で回り一年で59打を縮める。独自の練習法や、初心者でも一年で上手くなれるということを体現しているBゴルフ期待の星。