クラブセッティング

【2020最新】7Wウッドでスコアは変わる!初心者におすすめの7番ウッドを徹底解説!

この記事を書いた人
RUI
RUI
兵庫県出身.1995年10月生まれ.ゴルフの名門大阪学院高校でゴルフを始める。初試合は前半80、後半60の140を記録する。しかし、一年後の同じ試合で前半40、後半41の81で回り一年で59打を縮める。独自の練習法や、初心者でも一年で上手くなれるということを体現しているBゴルフ期待の星。

皆さんこんにちわ!B-GOLFのRUIです。

今回は「7番ウッド」に関して解説していきます。

皆さんは7番ウッドを使っていますか?

あまり使っている人はいないのではないでしょうか。

僕も、今まで一度も使ったことがありませんでした。

でも最近、7番ウッドの魅力に気付いたんです!

皆さんにも、その魅力を紹介できたらと思います。

ということで今回は

  • 7番ウッドの概要
  • 7番ウッドのメリット
  • おすすめの7番ウッド

この3点を中心に解説していきます。

では、以下で確認していきましょう!

7Wウッドとは

まずは、7番ウッドの概要について説明します。

7番ウッドは、フェアウェイウッドに含まれるゴルフクラブです。

7番ウッドのロフト角は20度~22度、アイアンと比較をすると、4番アイアンと同じくらいのロフトですね。

ヘッドスピードがない人はロングアイアンで飛距離を出すのが難しいので、4番アイアンの代わりに7番ウッドを入れたりしています。

5番ウッドよりも、短い距離を狙う際などに使用しますね。

また、5番ウッドよりも高い球を打てるので操作性は優れてますよ。

7番ウッドの飛距離

7番ウッドの飛距離は男性の場合、180ヤードほどですね。

これは、ドライバーの飛距離が230ヤードと想定した場合です。

女性の場合は、100ヤードほどでしょうか。

ドライバーの飛距離が150ヤードの場合ですね。

大体、ドライバーの飛距離からマイナス50ヤードと思ってもらえればいいです。

7番ウッド得意のシュチュエーション

7番ウッドをコースで打つ時に絶対に活躍してくれるシュチュエーションを紹介していきます。

以下で紹介するシュチュエーションが苦手という人は、7番ウッドを使うことによってスコアアップ間違いなしです!

大きく7番ウッドが得意のシュチュエーションは大きく3つあります。

  • 距離のあるグリーンを狙う場合
  • 高い位置のグリーンを狙う場合
  • ライの悪い場所から打つ場合

では1つ1つ解説していきます。

距離のあるグリーンを狙う場合

距離のあるグリーンを狙うシュチュエーションは多くあります。

「ロングアイアンで打てば、グリーンに乗せられる距離だな。」

と思って打って、うまくグリーンに乗る人には7番ウッドは必要ではないかもしれません。

でも、初心者はロングアイアンが苦手の人も多いでしょう。

ロングアイアンの距離を簡単に出せる7番ウッドはロングアイアンが苦手な人にはおすすめです。

高い位置のグリーンを狙う場合

7番ウッドは、UTよりもボールが高くなるのが特徴です。

芝生から直接グリーンを狙える距離なら、試してみてもよいでしょう。

逆にUTはあまり高さが出ず、グリーンに届きそうな所で止まってしまうことも多くあります。

またグリーンに乗ったとしても、思ったように止まらずランが出てオーバーすることも多々あります。

7番ウッドは高い球で、キャリーを稼ぐことができるので、高い位置のグリーンを狙うシュチュエーションは得意ですね。

フェアウェイバンカーから打つ場合

フェアウェイバンカーから打つ場合は、飛距離も方向性も必要になります。

フェアウェイバンカーでロングアイアンを打つのはかなり難易度が高いです。

さらに、バンカーでは高い球が必要な時があるので、比較的低い球で飛び出すユーティリティも不向きと言えます。

  • 5番ウッドは操作性に欠ける
  • ロングアイアンは難しい
  • ユーティリティーは球が低い。

その時に、7番ウッドの出番です!

フェアウェイバンカーが苦手な人は7番ウッドをおすすめします。

UTと7番ウッドの使い分け

7番ウッドを入れるんなら、同じロフトくらいのUT(ユーティリティ )でいいんじゃないないの?

と思う人も多いでしょう。

ここではUTと7番ウッドの使い分けの違いを簡単に説明していきます。

起伏が激しいコースでは7番ウッド

事前にコースを調べたとき、アップダウンが多いコースなら、FWを中心にするといいでしょう。

アップダウンが厳しいコースだと、高いキャリーが出なければ、距離が合いません。

7番ウッドを使うことで距離感を合わせやすくなり、ボールが止まりやすいのでUTではなく7番ウッドがおすすめです。

グリーンで止めたい時も7番ウッド

FWの特徴としてボールが高く上がり、キャリーを稼げます。

キャリーとは打ったボールが、最初に地面へ落ちるまでの距離のことです。

そのため高低差のあるコースだと、UTの球の高さではランが出てしまうのでグリーンを狙う難易度が高くなります。

グリーンで止めたい時は、7番ウッドを使いましょう。

風の強い日はUT

狭いコースや、風が強い日ならUTを選びましょう。

狭いコースの場合だと、ちょっとしたミスで、すぐにOBです…。

7番ウッドを使ってボールが高く上げられても、風が強ければ、流されてOBになります。

7番ウッドより、低い弾道なので、風の影響を受けにくいのはメリットですね。

基本的には状況に合わせ、7番ウッドと、UTを2本打ち分けるのがポイントです。

7番ウッドの代わりのUTをと考えると、ロフト21度のUTを選ぶようにしましょう。

おすすめの7番ウッドを紹介!

ここではおすすめの7番ウッドを紹介していきます。

3番ウッド、5番ウッドと同じウッドであればそのままで問題ありませんが、7番ウッドだけ別に買う人のために、それぞれ紹介していきます。

飛距離を簡単に出せる7番ウッド

引用:Amazon

価格は20000円〜、ロフトは21度。

ボールを簡単につかまえることができる7番ウッドです。

普段スライスで悩んでいる人は一度この7番ウッドを打ってみて下さい。

7番ウッド以外スライスで、このクラブで打つときだけドローを打つことになります笑

もちろん、弾道も高くグリーンを狙えるウッドです。

高い球で、飛距離を出すことができる、夢のような7番ウッドです。

今は値段も安くなっています。

秘密兵器として、バックに1つ積んでおくと最高の相棒になってくれますよ!

操作性No. 1おすすめ7番ウッド

引用:Amazon

値段は15000円〜、ロフトは21度。

ミズノの7番ウッドです。

僕も実際に試打したことがあるのですが、まず構えやすさが抜群!

構えた瞬間、曲がる気がしないです。

結果は置いておいて、打つ直前まで曲がる気がしないと思えることは重要だと思います。

構えやすさは、クラブの難しさに直結します。

初心者にも優しい7番ウッドです。

もちろん高弾道で、飛距離も問題ありません。

狙った方向にそのまま真っ直ぐに飛んでいきます。

是非一度、体験してほしいです!気になった方は以下で確認してみて下さい!

まとめ

いかがだったでしょうか。7番ウッドは。

昔は、7番ウッドは飛距離がない人のクラブと言われていましたが、そうではありません。

最近ではプロも7番ウッドを使用しています。

7番ウッドは攻めるクラブです。

UTと7番ウッドはコースによって使い分けをおすすめします。

あなたが最高の7番ウッドに出会えることを、期待しています。

ゴルフが変わりますよ!ではまたっ!

この記事を書いた人
RUI
RUI
兵庫県出身.1995年10月生まれ.ゴルフの名門大阪学院高校でゴルフを始める。初試合は前半80、後半60の140を記録する。しかし、一年後の同じ試合で前半40、後半41の81で回り一年で59打を縮める。独自の練習法や、初心者でも一年で上手くなれるということを体現しているBゴルフ期待の星。