練習器具

【2020最新】本当におすすめアプローチネット『ダイヤアプローチ445』を徹底解説!

皆さんこんにちわ!B-GOLFのRUIです!

今回はアプローチネット『ダイヤアプローチ445』を紹介していきます。

引用:楽天市場

以下で、詳しくおすすめ理由などを解説していきます。

『ダイヤアプローチ445』以外のアプローチネットが気になる人は、以下の記事を参照下さい。

【2020最新】アプローチネットを徹底比較!おすすめのゴルフ練習器具を徹底解説!皆さんこんにちわ!B-GOLFのRUIです! 今回は「おすすめのアプローチネット」を紹介していきます。 家でショット練習はで...

では早速、下記を確認していきましょう。

アプローチネットとは

まずは、アプローチネットに関して解説していきます。

アプローチネットとは、アプローチ練習する際のカゴ、目標物といった感じです。

アプローチネットがあれば、家や庭で手軽にアプローチ練習することができるようになります。

パターは家で練習する事ができるのは一般的ですが、アプローチネットがあれば家でアプローチ練習もできる様になります。

僕自身、マンションだったので本物のボールは使わず、下記のようなボールを使って練習していました。

かなり軽い、クッションボールなので窓や床に当たっても問題ありませんよ。

マンションやアパートなど、周りが気になる人にはおすすめです!

「ダイヤアプローチ445」おすすめ理由!

「アプローチ名人」は商品名です。

詳しく解説していきます。

引用:Amazon

商品情報

公式価格 ¥4,500(税抜)
メーカー ダイヤゴルフ
サイズ 幅約600mm×奥行き約420mm×高さ約1200mm
素材 ポリエステル/スチール

自宅でショートアプローチを練習される方のための練習器です。

ターゲットとなる的とボールを受け止めるネットがセットになっているので、自宅でも静かにショートアプローチの練習が可能です。

「ダイヤアプローチ445」おすすめ理由3選!!

「ダイヤアプローチ445」のおすすめ理由は大きく3つあります。

  1. 大きい
  2. パターマットと使える
  3. コンパクトに畳める

1つ1つ解説していきます。

大きい

「ダイヤアプローチ445」は大きいアプローチネットです。

アプローチ練習において、アプローチネットが大きいのはメリットしかありません。

高さは1.2メートルあり、部屋に物理的に設置できない人は諦めるしかありませんが、部屋におく余裕のある人はおすすめできます。

わざと小さなアプローチネットを買う人もいますがおすすめできません。

小さい的を狙う練習はシングルレベルになってからですね。

小さいネットに入らないとボールを拾いに行ったりと、効率的な練習からはほど遠くなります。

僕の実体験に基づいています。
上級者以外の人は、大きい方がいい練習になります。

パターマットと使える

ダイヤアプローチ445はパターマットを使えば、自動的に自分の元へボールが帰ってきます。

引用:楽天市場

効率的な練習にはもってこいの性能です。

アプローチ練習は、何度も何度も繰り返し練習します。

理想の機能ですね。

コンパクトに収納できる

先ほど大きいと紹介した「ダイヤアプローチ445」ですが、収納時にはコンパクトに折りたたむことができます。

引用:楽天市場

使わない時は収納して保管しておけるのはメリットですよね。

アプローチネットの選び方

ここではアプローチネットを購入する際の選び方に関して解説していきます。

アプローチネットの選び方のポイントは大きく2つだけです。

  1. 大きさ
  2. 収納力

1つ1つ解説していきます。

大きさで選ぶ

まずは、大きさを考えましょう。

ベランダに設置するのか、庭、もしくは自分の部屋なのか。

自分がアプローチ練習しようとしている場所を考えて、サイズを選ぶ必要があります。

引用:楽天市場
引用:楽天市場

高さが1メートルを超える高い物や、高さが40センチの低い物もあるので、適したサイズを選んで下さいね。

収納力で選ぶ

次に収納力で選んで下さい。

基本的にアプローチマットは折り畳める仕様になっています。

 

引用:楽天市場
引用:楽天市場

使わない時は折りたたんで収納したいと考えている人は「折り畳みが簡単にできる」というポイントを大切にして下さい。

折り畳む事がいちいち面倒臭くて、広げたくないから練習を全くしなくなる人は多くいます。
実際に僕自身そうでした…。笑

ずっと拡げて置いておくつもりの人は、収納力は気にしなくていいです。

でも、『使わない時は収納したい!』と思っている人は簡単に折り畳める事ができるかどうか」を考えましょう。

まとめ

「ダイヤアプローチ445」いかがだったでしょうか。

家でアプローチ練習、パター練習すれば、ショートゲームでライバル達に大きく差をつけることができます。

「ダイヤアプローチ445」であえれば、効率的なアプローチ練習ができます。

ダイヤアプローチ445は少し軽いので、本などを土台に仕込むとより安定しますよ。

引用:Amazon

「ダイヤアプローチ445」おすすめポイント

  1. コンパクトに収納できる!
  2. ボールが帰ってくる!
  3. 大きくて安心感抜群!

少しでも「ダイヤアプローチ445」が気になった人は以下のサイトで確認してみて下さい。

\最安値はこちら/

楽天市場はこちら
¥2,920(税込)

Amazonはこちら
¥3,250(税込)

Yahoo!ショッピングはこちら
¥3,580(税込)

他のアプローチネットが気になる人は、以下の記事を参考にしてみて下さい!

「おすすめアプローチネット比較記事」はこちら

【2020最新】アプローチネットを徹底比較!おすすめのゴルフ練習器具を徹底解説!皆さんこんにちわ!B-GOLFのRUIです! 今回は「おすすめのアプローチネット」を紹介していきます。 家でショット練習はで...

それではまた!