知識

笹生優花は日本国籍かフィリピン国籍か。二重国籍で東京五輪はどうなる?【徹底解説】

皆さんこんにちわ! B-GOLFのRUIです。

今回は全米女子オープン選手権で史上最年少優勝を果たした、笹生優花選手を徹底リサーチしていきます。

引用:Nikkan Sports News.

大会史上最年少の「19歳351日」で、日本女子3人目のメジャー制覇を成し遂げました。

男女通じて21世紀生まれ初のメジャーチャンピオンです。
すごいですよね!

笹生選手はフィリピンと日本の二重国籍で、東京五輪ではフィリピン代表で出場する意向も示しています。

今回はその辺りも含めて「笹生優花」選手のプロフィールなどを解説していきます。

では早速以下を見ていきましょう!

笹生優花プロフィール

笹生選手のプロフィールを簡単に確認していきましょう。

引用:Getty Images
生年月日 2001/06/20
出身地 フィリピン
国籍 フィリピン・日本(22歳までに選択)
身長・体重 166cm/63kg
通算勝利 日本2勝/米国1勝

5歳から日本で暮らし、フィリピンに戻った8歳から父の影響でゴルフを始めました。

全米女子オープンの優勝によって、世界ランクは9位。

20年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でツアー初優勝し、同年「ニトリレディス」で2勝目を記録しました。

好きなことは兄弟でキャッチボール、寝ること。
好きな食べ物はカレー。

憧れの選手はロリー・マキロイ、タイガー・ウッズ。

笹生優花は二重国籍?

先ほどもお伝えしましたが、笹生選手は二重国籍となっています。

引用:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

日本人の父正和さんと、フィリピン人の母フリッツイさんの両国籍を有している形です。

日本では、法務省が

「重国籍者は、重国籍となった時が20歳未満であるときは22歳に達するまでに、重国籍となった時が20歳以上であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければなりません」

と定義されています。

22歳までは、日本とフィリピンの両国籍を保持することが認められているんですね。

笹生はアマチュア時代、個人戦団体戦で2冠に輝いた18年アジア大会など、一貫してフィリピン代表として活動していました。

米女子ツアー(LPGA)の公式ページなど、国際的にフィリピン人選手として扱われているのは、そういった活動実績が考慮されているんでしょう。

東京五輪ではフィリピン代表

22歳までは日本とフィリピンの両国籍を保持することが認められていますが、一方でオリンピック(五輪)やアジア大会など、さまざまな競技で争われる国際大会は、いずれかの国、地域の代表として出場することが原則です。

引用:ロイター

気になるのは、今年おそらく行われる東京オリンピックではどちらの国籍を選ぶのかということですよね。

笹生自身は東京五輪には、出場権獲得が確実なフィリピン代表として出場の意向を示しています。

父・正和さんも

「本人が五輪に出たいと言っている。そこはフィリピン代表で出て、その後日本国籍を取得する。調べたら22歳までに選べばいいということなので」

と代弁していました。

女子ゴルフの東京五輪代表は、6月28日付の世界ランキングに基づく、五輪ランキングで出場60人が決まります。

前週40位の笹生は、7日付の最新世界ランキングで大きく順位を上げるました。

日本勢トップの前週13位で、この日、プレーオフを争った畑岡奈紗に迫り、日本勢2番手で前週24位の稲見萌寧を抜く可能性があるが、女子日本代表の五輪出場権争いには影響しません。

フィリピン人で同ランキング2番手のパグダンガナンは155位。

五輪出場は確実なので、楽しみですね!

笹生選手のコメント

全米女子オープンで優勝した時のコメントを紹介します。

「日本とフィリピンのファン、友達にありがとうと言いたい。」

と涙ながらにコメントを送っていました。

引用:ロイター

4歳のときに日本に来たが、日本語をほとんど話せないまま日本の学校に通ったため、父の正和さんは
「優花はうまく馴染めなかった」
と話しています。

プロゴルファーになるため8歳から再びフィリピンへ。

そのため、日本語よりもタガログ語、公用語の英語のほうが上手い。

「日本もフィリピンもどっちも大好き」

と公言している笹生選手。

両国での経験、どちらが欠けてもメジャー制覇はなかったのでないでしょうか。

まとめ

笹生選手を徹底リサーチしましたが、いかがだったでしょうか。

全米女子オープンで史上最年少優勝、本当にすごいです。

男女通じて21世紀生まれ初のメジャーチャンピオン。

その活躍ぶりは、世代や国境を超えています。

これからも応援していきましょう!
それではまた!